東京 世田谷区で大腸内視鏡検査を受けるなら「有隣病院」へ

有隣病院ではできるだけ苦痛の少ない大腸内視鏡検査を心がけています


大腸内視鏡検査は大腸がんなどの早期発見大腸内視鏡検査に有効な検査です。内視鏡により直接腸の内部を見ながら検査することにより、従来の内視鏡を使用しない検査よりも早期発見・早期治療が期待できます。
有隣病院では経験豊富な専門医が、お一人ひとり丁寧に、少しでも苦痛の少ない内視鏡検査を実施しています。必要に応じて鎮静剤も使用し、患者様の負担が少なくなるよう心掛けています。

大腸の病気の発見に有効な検査

大腸内視鏡検査は、主に便の検査で血が検出されるなどの異常が認められた方や、腹部に症状のある方を対象とする検査です。大腸の病気としては、大腸がんや大腸ポリープの他、クーロン病など様々なものがありますが、これらの病気を早期発見するためにも、特に症状が無くても定期的に受けても良い検査といえます。

少しでも苦痛の少ない検査を

また有隣病院では、少しでも検査の苦痛を少なくするために、できるだけ短時間で、なおかつ小さな病変も見逃さないよう細心の注意をはらいつつ行うだけでなく、患者様の状態を見ながら、必要に応じて鎮静剤も使用し、つらい検査にならないよう心掛けています。

検査前には

大腸内視鏡検査では、まず、大腸の中を空っぽにする必要があります。大腸の中に、食べ物の残渣(便)が残っていると、検査の妨げになり、検査が受けられなかったり、正確な診断が得られないことがあります。そのようなことが無いように、お配りするパンフレットの指示を守り、検査にご協力下さい。

『大腸内視鏡検査』についての基礎知識

大腸内視鏡ってなんだろう?大腸の病気にはどのようなものがあるのだろう?検査はどんな感じなんだろう?検査前の準備は?検査における注意事項は?どんな先生なんだろう?大腸内視鏡検査は多くの病院で行われているポピュラーな検査で、カメラを腸内に入れて、医師がリアルタイムにモニターで超内部の状態を確認出来るため、大腸がんなどの早期発見にも非常に有効な検査ですが、初めての検査であれば、当然ながら不安や疑問がたくさんあるはず。このコンテンツが皆様の疑問の解決にお役に立てたら幸いです。

検査について詳しく知る

大腸内視鏡検査は有隣病院へ

有隣病院では、『血便』のある方、『便潜血反応陽性』と言われた方、『便秘』の方、『貧血』のある方、そしてそれだけでなく、日ごろからの早期発見のための定期的な検査としても、大腸内視鏡検査をおすすめしております。お気軽にご相談ください。